ポルトガルの食について

ポルトガルの食について知る

ポルトガルの食べ物

ID-100151332

日本人にとってなじみのある言葉・・・てんぷらやカステラこんぺいとうは実はポルトガル語がルーツだと言われています。実は日本から一番遠いヨーロッパの 国とされるポルトガルは、歴史的背景なども知れば知るほど実は日本とはゆかりがある国なのです。さて、ポルトガル料理と一口にいっても、地方や素材によっ てバラエティーに富んでいます。

ポルトガル料理全般的に、私が受けた印象といえば、
「味付けが濃い・・・、
庶民的で大皿にドンと出てくる・・・
お魚料理が豊富である・・・
お米も比較的多く食する・・・。」

 

こんなところです。家族が集まるクリスマスや誰かのお誕生日などと言うときは、決まって苦しくなるほど食べます(笑)。
私の印象としては、ポルトガル人って食べるのが大好きな国民。
味付けのほうは、塩、ガーリック、酢、オリーブオイルなどをよく使い、他国の料理と比べた場合、比較的日本人の口には合うような気もします。

 

ポルトガル人の日々の食事で欠かせないのは何といってもパンとスープ。
多くのポルトガル人は、スープが大好き!
大好きというよりは、スープを食べるのは当たり前。
日本人としてはご飯とお味噌汁はセット、というような感覚に近いかもしれません。
どこのレストランに食べに行っても(ランチの時間にはカフェでも)必ず、“本日のスープ”が用意されています。
それから食卓にパンは欠かしてはならないという習慣ですから、レストランに言っても家族・友人宅にお邪魔するときも、食事の前には必ずと言って良いほどパンが用意されています。
ここでは、ポルトガルのあらゆる「食」について紹介したいと思います。