うそのような本当の話

アルビーノがある日ビックリして私に言いました。

お隣さんに、「屋根で男の子が寝てるよ!」と言われたそう。

お隣さんは「その家の屋根で寝てると大変なことになるぞ!ご主人はお医者さんなんだ。ただじゃ済まされないから早く降りろ!」と言ったそうです。

しかし、男の子は、「警察も誰も、僕には何もできないんだ!僕はまだ小さすぎるんだから。」といい、そのまま家の屋根で寝ていたそうです。

確か、私も夜中に家を何か(誰か)が登っていくような音を聞いたことがあるので、そのことな?と思いました。こんなことも珍しいことではありません。

また、別の日にはアルビーノの友達の家のスイミングプールで、黒人の一家が石鹸シャンプー、タオルなど体を洗う道具一式もって、プールで入浴をしていたとか。。。

「おおっっ、それはすごい。」
他人事だから笑ってしまったけれど、自分の家だったらそれどころではないはずです。

ここから少し離れたエリアでは、アフリカからの移民の人たちが沢山住んでいます。違法住宅も堂々と建ち並んでいます。

今、政策で新しい住宅街を作り、違法住宅から移動させる計画が進んでいるようですが、問題解決にはいったいどれくらいの年月がかかるのでしょうか・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました